オンラインカジノで稼ぐために注意すべきこととは?

税金

1.オンラインカジノは税金がかかる?

オンラインカジノで稼ぎたいと思っている人も多いことでしょう。
しかしオンラインカジノで稼ぐためには注意すべきことがいくつかあるため、これらを頭に入れたうえでプレイする必要があります。

実際にオンラインカジノをしている人の中でも、全く知らない人が多くみられるものが税金がかかるということです。

オンラインカジノで得たお金は、具体的には一時所得にあたります。
これは懸賞や福引きの賞金、競馬や競輪の払い戻しなどと同じといえば分かりやすいでしょう。

税金の計算方法は難しいのではないかと思う人も多いかもしれませんが、計算方法を覚えておけば特に問題はありません。
一時所得の出し方は総収入から収入を得るための支出をマイナスし、さらには年間で最高50万円の特別控除額をマイナスします。

これにより一時所得を計算することができます。
ここから2分の1が課税の対象です。

2.一時所得は控除がない点に注意

具体的に例をあげると、もしも200万円の収入があり、この収入を得るまでに100万円を使ったのであれば差し引き100万円になることがわかります。
ここから特別控除額の50万円をマイナスすることになるため、一時所得は50万円となり、ここから課税対象は2分の1となるため、25万円が課税対象となります。

これをしっかりと納める必要がありますが、納める金額が大きいのではないかと感じるかもしれません。
ここから年収や諸経費などが加わるため、場合によってはもっと減ったり増えたりする可能性もあります。

そしてここで一番注意しておかなければならないことは、一時所得は控除がないという点です。
例えば昨日は40万円を稼いだけれども、今日は50万円負けてしまったという場合でも、所得はプラスマイナスになることはありません。

オンラインカジノは送金などにより記録が残ることになるため、しっかりと支払わなければならないことを頭に入れておきましょう。

・・・ビットコインを使ってオンラインカジノで遊ぶ | オンラインカジノ比較ナビ

3.慣れるまでは少額で賭けて行った方が安全

そして元金が減るリスクを踏まえたうえでプレイすることをしっかりと頭に入れておく必要があります。
この点については当たり前だと感じる人もいるかもしれませんが、基本的には運営サイトでお金をポイントに交換し利用することになります。

実際にお金を使っているのではなくポイントとして見ることになり、ついバンバン使ってしまう人もよく見られるものです。
気づいたときには知らない間にこんなに使っていたとびっくりする人も多く、返金をしようと思ってももう使ってしまっているため当然のことながら返金は基本的にはできません。

インターネットなどの不具合によってエラーが出たなどの運営側のミスがあるのであれば、対処してくれる可能性もありますが、基本的に自分が使ったお金が減ってしまったのであれば、返金することは難しくなります。

ゲーム感覚でプレーして失敗したからリセットすることはできないので、十分に気をつけなければなりません。
最初は慣れるまでは少額で賭けて行った方が安全です。

4.悪質なカジノ業者に騙されないようにする

インターネット上だからこそ、お金を使っている感覚が薄くなってしまうので注意が必要です。
そして世界中にオンラインカジノを運営している会社はたくさん存在していますが、その中に悪徳業者が混ざっているのも事実です。

払い戻しがスムーズにいかずに時間と手間をかけることによって、お金をおろさないようにして、お金を全部使わせようとするところもみられます。
また設備にお金をかけていないところは、フリーズしたり読み込みが遅いところもあり信用できません。

問い合わせにも応じないところもあるので、始める前にはサポート設備が充実しているのかなどにしっかりと確認し、キャンペーン情報などにも流されないように、しっかりとした会社であるかどうかを見極めましょう。