もうすぐ冬!冬は火の元に気をつけましょう

火災

1.暖房器具を使用する際の注意点

空気が乾燥することで火がつきやすく、さらには燃え広がりも早くなる傾向にあります。
冬は空気が乾燥しやすく、暖房器具を扱うことから特に注意が必要と言えるでしょう。

火災が発生すると自分の財産や命が危険にさらされるだけではなく、他人にも被害を及ぼす可能性が高くなります。
火災を未然に防ぐためにも、日常生活で特に火の元に気をつける必要があります。

まず最初に寒い冬には暖房器具をかかすことができませんが、暖房器具を使用する際の注意点を頭に入れておく必要があります。
まず使用前には部品の劣化をチェックします。

暖房器具は夏の間は使わずにしまっておくことが多いので、部品の劣化に気づかなかったり、ほこりがたまっている可能性もあります。
部品に異常がないか、ホコリがたまっていないかなどを確認してから使用を始め、もしも使用を始めてから異音や異臭がするのであればすぐに使用を中止しましょう。

冬は洗濯物が乾きにくくなることから、暖房器具の上に洗濯物をつるしている人も多くみられるかもしれませんが、このような行為は非常に危険です。
毎年洗濯物に火が燃えうつって火災を起こすニュースもよく見られるものです。

2.石油ストーブを扱う場合には必ず火を消してから給油する

洗濯物以外にも座布団やカーテンなどの燃えやすいものは近くに置かず、さらには引火の危険性があるスプレー類なども近くでは使わないように気をつけましょう。

カーテンは防炎加工がなされているものに変えるのも一つの手段といえます。
石油ストーブを扱う場合には、必ず火を消してから給油することを心がけます。

キャップをしっかりとしめて、燃料の種類を間違えないように気をつけます。
近年人気を挙げているハロゲンヒーターやカーボンヒーター、温風機などの電気ストーブ類は、長時間の使用には十分に注意が必要です。

転倒した際にスイッチが切れる機能が付いているか、付いているのであれば正常に作動するのかもチェックしたいところです。
就寝時は必ず消すことを意識し、設置する場所は目に留まるところにしましょう。

3.コンロはちょっとの油断が火災ややけどなどの事故につながる可能性がある

そして調理中にも注意点が必要です。
クリスマスやお正月などのイベントも多く、コンロをフル活用して多くの料理を作る機会が増えるものです。

しかしちょっとの油断が火災ややけどなどの事故につながる可能性があるため十分な注意が必要です。
冬には洋服も着込むようになり、ほとんどどの人が長袖を着用することでしょう。

袖口や腹部の衣服にコンロの火が燃え移る可能性も高く、このようなことになれば重度のやけどを負って、ひどい場合には命を落とす危険性もあります。
防炎加工がなされているアームカバーやエプロンを着用したり、コンロの奥には調理道具や調味料などを置かないように十分に注意しましょう。

特に注意したいのがてんぷらなどの揚げ物油からの火災です。
コンロに過熱防止装置が付いているかどうか確認し、さらには安全装置の付いている鍋を使用すると安心です。

4.2台以上並べて使うとボンベにも熱が伝わりやすくなるため注意

その場を離れる時には必ず火を消すことを習慣にしておきましょう。
食卓で鍋を囲むことも増えてくるかもしれませんが、カセットコンロを利用する際には、コンロよりも大きい鍋や鉄板を使うことは爆発の危険性につながります。

また2台以上並べて使うとボンベにも熱が伝わりやすくなるため注意しましょう。
そして実際に火を使っていなくても発生するものがコンセントやプラグの間に挟まったほこりが原因で発生するトラッキング現象による火災です。

特に結露が発生する冬は注意が必要で、定期的に電源プラグを抜いてホコリを取り除いて掃除を行いましょう。

このようにさまざまな危険性が考えられますが、そのほかにもたばこの不始末や子供の火遊びなども考えられます。
冬は火の元に十分に注意し、事前に危険性がないかをチェックし、正しい暖房器具の使い方を確認しましょう。