ゴルフ初心者必見!ゴルフクラブの選び方について

ゴルフ

1.最初からフルセットを用意する必要はない

ゴルフ初心者はまず、最初からゴルフクラブをフルセット用意する必要はないと考えましょう。
譲ってくれるというようなことがあるのであれば、フルセットをもらうという事をして良いかもしれませんが、初心者はサンドウェッジかピッチングウエッジ、七番アイアンぐらいと、パターぐらいで練習するだけしか必要はありません。

後は初心者を卒業して上手くなってから利用すると考えて良いですから、要らないクラブを用意する必要はないのです。
クラブはかなりの高額のものとなりますから、必要にならないものをわざわざ買うという事をする必要はありません。

最初はピッチングウェッジから練習をすると良いでしょう。
これがいいのは最も的が大きいクラブという事になるからです。

クラブを持って打つと分かりますが、球が良く飛ぶ時と飛ばないときがあるという事がわかります。
これはボールやクラブには芯というモノがあって、その芯にあたらなければ打球はなかなか飛ばないという事になるからです。

簡単に言えば力がうまく伝わらないということになるわけです。
この芯というところはクラブによって広さが違っていて、ピッチングウェッジやサンドウエッジが一番芯が広いということになっているのが、これでまずは練習をするということになります。

2.ゴルフはボールを目的のところに運ぶ競技

ゴルフをボールを打つ競技というように考えている人は少なくはありませんが、実はゴルフはボールを目的のところに運ぶ競技だと考えるべきでしょう。
つまり、ダーツのような感じで目的のところにボールを持っていくという事をするわけです。

とすれば、まず初心者がならなければならないのは、狙ったところに打つことが出来るようになるということであって、ホームランを打つことでは無いという事になります。

ホームランを打ちたいのであれば、勢いよく振るということに主眼がなりますが、狙ったところに運ぶということになれば、運びやすい物を選択するという事が必要になります。

ボールを運ぶということを考えた時に、狙ったところに打つことが出来るエリアが広いものと狭いものとではどちらを利用すべきなのかという事はすぐに理解できるでしょう。

当然範囲が広いものを選択すべきということになり、それがピッチングウェッジや番号の多いアイアンということになるわけです。

3.同じクラブで身体が動きを覚えるまで続ける事が大切

ウッドと言われるような物は、遠くに飛ばすという事を出来る用になった時に使用するクラブということになりますから、これは初心者を脱却して中級以上になった人が利用するというように考えましょう。

それまではひたすら狙ったところに打つことが出来るようになるという練習をする事になります。
ここで、違ったクラブを用いて練習をしないようにするという事も考えておく必要があります。

特に初心者の段階で違ったクラブを使用すると、全くスイングが固定できなくなってしまうという事になるので、要注意です。
フォームが決まっていないときに、違うクラブを使用すると全くボールに正しくクラブが当たりません。

ですから、同じクラブで身体が動きを覚えるという事になるまで続ける事が大切になるわけです。
頭ではなく身体が覚えるという事が必要で、身体が覚えるという事の為には、何度もその同じ動きをさせることが必要になります。

これはどんなクラブでトレーニングをする時でも言える事ですが、同じ動きを何度も繰り返さないと体は覚えてくれないという事があるわけです。

子供の頃に、漢字を練習した事を思い出すといいでしょう。
頭の中では綺麗な漢字が書けているにも関わらずに、練習しなければ決して綺麗な感じを書く事は出来ません。

つまり、頭と体は決して理想的な動きで協調しているというわけではないので、これを体に覚えこませる必要があるのです。