多忙なサラリーマンでもできる!日頃からできる簡単な英語学習方法

1.どうやって英語を学べばいいか?

日本人は古来から日本語を使ってきました。
今では世界の国々の中の一つですから海外の人たちとの交流も多くなり、日本語以外でコミュニケーションをする人も沢山います。

特にビジネスマンは以前から「英語は必須」と言われ続けていますが、なかなか学校の勉強だけでは追いつかない面もあります。
業種によっては全く使わないこともありますが、別の業種ではバリバリ英語を使うという企業もありますし、今までは必要なくても事業内容が変われば急に使わざるを得なくなることもあるはずです。

さて、現在の自分に英語の能力がないと思えば、学習し身につけていけばいいのです。
非常に単純で明確な解決方法だと思いますが、それが出来れば世話はないと言う人が多いかもしれません。

サラリーマンともなると今の世の中では「暇でしょうがない」といった人はほとんどいませんから、多忙な中なんとかして時間を作るとなると大変です。
ですが何事も着手しなければ始まりません。
なので、まずは重い腰を上げて調べてみることから始めましょう。

2.何を目的として学習するのかを明確にしておく

まずは何を目的として学習するのかを明確にしておいた方がよいです。
英語の検定試験でいいスコアを出すためなのか、海外の人と仕事をするために英会話が必要なのか、それとも単なる趣味なのかなどです。

色々な学習方法があるので、目的にあったものを選ばなければ遠回りになったり、途中でイヤになって投げ出してしまうことにもなりかねません。
ですからまずは目的をしっかりと認識することです。

それが決まれば目的に沿った方法をインターネット上のウェブサイトや英語学習の書籍などから知るといいでしょう。
検索すると膨大な数が出てきます。
もちろん全部見る訳には行きませんから、いくつか調べて自分に合った方法と思えるもので進めていくとよいです。

3.少しずつでも反復すると記憶に定着しやすくなる

例えば、検定試験でよいスコアを出すためであれば、迷わず参考書や過去問を入手して解いていくことが一番の早道です。
どういった雰囲気の問題が出題されるのかを知って慣れておくことです。

忙しい毎日ではそれほど時間が取れないでしょうから、通勤の時や昼休みの時、ちょっと早起きしてみるなど、ちょっとした隙間の時間を活用して、コツコツと反復練習することがおすすめです。
数をこなすのも効果はありますが、少しずつでも反復すると記憶に定着しやすくなるはずです。

一方で英会話が出来るようになるには、日本語の会話と一緒で、相手の話していることを理解し、そして自分の考えを話して相手に伝えることが出来ればいいわけです。

相手の話していることを理解しようと思えば、英会話を聞いてみることでしょう。
最初は何を言っているのかさっぱり分らないとなるはずです。

4.単語の発音とその意味を知れば会話の内容が分ってくる

ですがよく聞いてみてください。
所々で聞いた事のある単語が聞こえてくるはずです。
例えば「OK」という単語が会話中に出てくれば、そこだけは「OK」と言ってると思えるはずです。

単語の発音とその意味を知れば、部分的に会話の内容が分ってきます。
その知識が増えればさらに理解が進みます。
ですから英会話を聞いて知らなかった単語をどんどん覚えていくのがよいでしょう。

そのためには、動画共有サイトなどを利用するのがいいかもしれません。
英語で発信している人の動画は沢山あります。

自分の好きなジャンルだと、知っている英単語も多いはずですし、理解しやすいと思います。
それほど長い動画はありませんし、通勤時にはスマートフォンで、帰宅後にはパソコンなどで見るとよいでしょう。

後、シャドーイングという方法もあります。
英会話を聞いて、内容を紙に書いたり、声に出すという方法です。
休日自宅で行うといいかもしれません。

目的をはっきりと認識し、日々何とか時間を作って継続することが一番の早道になるでしょう。